購入する時にマンションに必要なお金は何がいるのかを説明していますか。

不動産まめ知識 マンション選びのコツ
不動産まめ知識 マンション選びのコツ

購入する時に必要なお金

人生最大の買い物として家やマンション、不動産などの購入が挙げられます。
マンションなどの不動産の購入は一生に一度の大きな買い物と言われるくらい高い買い物です。
マンションを購入しようと決めたなら一体何にどのくらいのお金が必要になってくるのでしょうか。
単純に売り物件のお金だけ用意するなり、その分だけのローンを組むわけではないのです。
マンションを購入すると言うことは色々な契約や手続きなどが必要になってくるので物件以外にも相当のお金がかかります。
例えば、印紙代や登記代など一つ一つはそれほど大金ではありませんが、すべて合計をすると結構な金額になってきてしまいます。
また自分で出来る書面上の手続きもありますが、どうしても専門的で難しいものはプロに任せてしまった方が簡単に手続きが終わることもありますので、そのような手続きについてはプロにお任せするようにしましょう。
また契約の手続き内容について質問した時に事細かに説明をしてくれる不動産屋が良い所と言えます。
説明義務を怠ったり面倒くさそうにしているところは良い不動産屋とは言えませんので契約する時に相手の不動産屋も注意をして見る必要があります。
欲しい物件が一箇所の不動産屋しか扱っていないということはあまりないので、もし相手が気に入らないようであれば不動産屋を変更することも出来ると思います。
それでは手続き上必要なものには何があるのかを見ていきましょう。
税金・保険・売買契約時にかかる諸費用・登記費用・ローンの審査などの諸費用などが必要となります。
まず税金ですが、不動産取得税固定資産税や都市計画税などに必要となります。
保険については団体信用生命火災保険料や保険特約料などが必要になります。
売買契約にかかる費用には契約書に貼る印紙代、建物にかかる消費税、不動産業者に支払う仲介手数料などが必要になります。
それ以外にかかる登記費用は登記費用登録免許税、司法書士などに手続きを依頼する費用、そしてキャッシュで一括で購入しない時にはローンを借りるための費用や保証料金などが必要になってきます。
不動産の購入は物件以外にもざっとこれくらいの費用が必要になるのです。

Copyright 2018 不動産まめ知識 マンション選びのコツ All Rights Reserved.