建物の構造の鉄筋コンクリート構造と鉄骨造との違いを紹介しています。

不動産まめ知識 マンション選びのコツ
不動産まめ知識 マンション選びのコツ

鉄筋コンクリートと鉄骨

物件を見ていてマンションの作りの鉄筋コンクリート(RC造)作りと鉄骨(S造)についての表記を見かけたことがある人も多いでしょう。
鉄筋コンクリート(RC造)と鉄骨(S造)ってそもそも何が違うのでしょうか。
鉄筋コンクリトート(RC造)と鉄骨(S造)は作りが違うので生活空間の音の伝わり方にも違いがあるようです。
生活空間の音は空気振動と音を介して伝わる方法と2種類あります。
鉄骨の作りは名前の通り鉄骨造で出来ています。
鉄パイプを叩くと遠くまで金属音が鳴り響き非常に音が伝わりやすいです。
鉄骨造はその作りと同じです。
その為生活音が非常に響きやすくなるのです。
鉄筋コンクリートは、鉄骨造の金蔵の周りにコンクリートを流し込んで固めた構造になっています。
つまり骨組みは同じ鉄骨造なのですが、鉄筋コンクリートはその周りにコンクリートを流し込んで固めているため鉄筋の音の伝わりが若干鈍くなっているのです。
コンクリートのように重量が増せばますほど音の伝わりが鈍くなります。
鉄筋コンクリートは、このコンクリートのお陰で音の伝わりが鈍くなっているのです。
その為鉄筋だけの鉄骨よりも鉄筋の周りにコンクリートが流れている鉄筋コンクリートの方が音の伝わりが鈍く感じられて生活音が響きにくく感じるのです。
しかしこれは一般的な構造上の問題です。
場合によっては鉄骨造や鉄筋コンクリートと書かれてあっても、そのような作りをしておらず、音の伝わりが大きく感じられることもあるかもしれません。
もちろん鉄筋の構造以外にも使う断熱材などによっても大きく音の違いが出てくるのです。
その為一般論としての音の伝わりはありますが、直接目でみて確かめるのが一番良いと思います。
最近のマンション構造はほとんどが鉄筋コンクリートの構造になっています。
鉄筋コンクリート構造が使われる理由としては高層建築が可能である、大きな開口部を作っても耐震性の問題はない、平面や断面についての構造自由度が高い、建築後のメンテナンスが簡単、遮音性が高い、水密性が高い、耐火性が高いなどのメリットがあるために鉄筋コンクリート構造で建設されることが多いようです。

Copyright 2018 不動産まめ知識 マンション選びのコツ All Rights Reserved.