新築マンションのメリットとデメリット、中古マンションのメリットとデメリットです。

不動産まめ知識 マンション選びのコツ
不動産まめ知識 マンション選びのコツ

新築・中古マンションのメリットデメリット

住んでいる環境を変えてマンションを購入する時に、新築のものにするのか、中古のものにするのかで意見が別れるところだと思います。
日本人はだいたい新しいものを好む習性があるので、古いよりも新しいものの方が価値がある、新しいものの方が新鮮味があるとして目を向ける人が多いように思います。
やっぱり誰も使っていない未使用と言うものに惹かれるのは大きなところでしょう。
たらしくなどに入っているキッチンもその時の流行りのものであったりするので常に新しいものを使っていたい人には新築マンションを使うことをオススメします。
特に集合住宅の場合であると集合住宅なので、水回り、配管、配電といった設備工事などについては一箇所の問題だけではすまないので配管などは、いつも新しい工事内容であるとは言えません。
それは新築であっても中古であっても言えることです。
最近では都心部に超高層マンションが建設されています。
新しいタイプの都市つくりとして、そして街のシンボルとして高いマンションを建てることは目印にもなりますし新しいスポットとして人気も出てくることでしょう。
新築の良いところは新しい場所に住めるのが何よりのメリットです。
しかしデメリットもあります、高いお金を出して購入してみたものの生活空間が自分とは合わないと言うことが出てきたり、近所付き合いがうまく出来ないなどのデメリットもあります。
高い買い物をするわけですから、購入するときは勢いだけではなくて慎重になる必要もあります。
一方で中古のメリットとデメリットがあります。
中古のメリットは、型落ちしていたり数年経っている物件なので新築では高すぎて購入できないような人でも手が出せる金額になっていることが多いと言うことです。
また建設されてある程度の年式が経っているので地域に溶け込んでいることもあり、よそ者と言うような目でも見られません。
しかしデメリットもあります。
マンションに住んでいた前の住人がどのような使い方をしていたのか、またどのような理由で部屋を出たのかが全くわからないと言うことです。
転勤や単純な引越しであれば問題ありませんが、何か近所トラブルがあっての引越しだった場合などは第三者からはわかりません。
その点は入居してみないとわからないところなのです。

Copyright 2018 不動産まめ知識 マンション選びのコツ All Rights Reserved.