建物の種類でも分譲マンションとはどのようなマンションなのかを解説しましょう。

不動産まめ知識 マンション選びのコツ
不動産まめ知識 マンション選びのコツ

マンションでも分譲マンションって何?

建物の中には色々な種類のものがありますがチラシや冊子などでよく目にする分譲マンションとはどのような建物を言うのでしょうか。
分譲とは、建物を小分けにして部屋を一室ごとに販売している形態のことを言います。
そしてその建物の中は共有文と専有部分とに分けられているのが分譲として販売されているのです。
専有部分はそこの場所を購入した人が自由に使える場所のことを言います。
マンションに設置されているエレベーターや玄関ホールなどの共有の場所は共有部分といい、共有部分はそこの一角に住んでいる人全体で使用する場所を言います。
購入した部屋はすべて購入した人のものになります。
そして共有部分の管理費などを支払うことで建物全体を使用することが出来るのです。
賃貸は部屋を借りているだけなので、間取りを変えたり壁や床を変えたりすることはできませんが分譲は自分のものとして購入しているので間取りを変えたり壁紙を変えたりすることが自由に行えます。
そのため生活の環境に合わせて間取りを色々と変更することが可能になのでライフスタイルに合わせて自由に変更することが出来ます。
分譲とは違う建物のことを賃貸と言うのがありますが、賃貸は壁や間取りの変更をすることはダメですが賃貸にはそれなりの良さもあるのです。
例えば転勤が多い仕事をしているような人であれば、分譲マンションを購入してしまっては、転勤が決まった時に身動きが取りづらくなります。
その点では賃貸は月々の家賃を払うだけなので簡単に身動きをとることが出来ますね。
分譲の良さは自分のものになると言う専有はありますが、転勤や引越しをすると決まった時にはなかなか動きづらいのも特徴です。
長年この土地に住むと決めているのであれば分譲マンションの購入は自分の所有物となるので良いのですが、まだ長い人生どうなるのかがわからないというような人であれば、むしろ賃貸マンションの方が良いことも場合によってはあるのです。
注目の情報

Copyright 2018 不動産まめ知識 マンション選びのコツ All Rights Reserved.